Skip to content

Group A Day 3

Keyshot


Keyshot のワークフロー

Rhinoモデルの準備 → Keyshotで開く → マテリアルのセッティング → ライティング → 背景 → レンダー

ファイルのダウンロード

Rhino モデルの準備

  • レンダーしない余分なものをモデルから削除(使う部分のみエクスポート)
  • マテリアルごとにレイヤーを作成
  • 各レイヤーに色をアサインする。
  • セーブする

Keyshotで開く

  • 最初に開くときはそのまま開く
  • モデルをアップデートするときは、インポート→モデルをアップデートすることによりKesyshot上のデータはそのまま使える

マテリアルの設定

  • 左側のコラムからマテリアルを選び、レイヤーの中にドラッグアンドドロップする。
  • マテリアルをダブルクリックして色調、スケールを調整する
  • Keyshot Cloudをつかい追加マテリアルのダウンロード

カメラの設定

  • 新しいカメラを作りビューを保存する。

ライティングの設定

  • プリセットからライティングを選び設定する。HDRIライティングも使用

背景の設定

  • 背景はkeyshot cloud、もしくはインターネットから取得可能。

レンダリング

  • Jpegでレンダリングして保存

 最終課題のアウトプット

 

講評会

4/27(土) 2限

セットアップ