Skip to content

Group A Day 2

課題の発表

課題A-1.1

身の回りにあるモノを3個ライノを使ってモデリングする。スクリーンキャプチャしてA4にプリントアウト。次回授業開始までに壁に貼り付ける。

PH Snowball

実際にライノを使ってPH Snowballライトを作ってみましょう。

  1. 画像をダウンロードする
  2. ライノで新規モデルを作成、単位:mm
  3. PictureFrameコマンドでフロントビューに画像を読み込む。
  4. スケールを調整(W400 H390)
  5. 中心線を描く
  6. 各パーツの半分の形を作る
  7. Revolveツールで回転し各シェルを作る。
  8. OffsetSrfコマンドで厚みをつける(1mm)
  9. 円柱ツールでケーブルを作る
  10. カーブツールでサポートをトレース
  11. Extrude(押出し)して厚みを作る(3mm)
  12. ArrayPolarで放射状に3回コピーする

プロジェクト Frozen Moments

動きのあるもをスローモーションで見るとその過程が美しい。刻々と変わるフォームにインスピレーションを受けて形を作る。

Loft Exercise

Download tutorial file

chambermusichalltop3

W04_Zaha_Bach

W04_Zaha_Riverside

 

 

課題A-2.0

動きのあるものをスローモーションでビデオ撮影する。3つの異なるシーンをキャプチャーし、youtubeにアップロード。

 

課題A-2.1

3つの異なるスローモーションの動きを抽象化し、ライノでサーフェースを作る。各サーフェースを異なるビューからレンダー、A4にプリント。